自己投資について

2005年11月27日

年末に向け、アメリカ国内では、一般大衆の消費意欲をかき立てる様々なプロモーションが展開されています。その消費も、いわゆるショッピングだけではなく、セミナーカンファレンスといったソフト(情報)に関しても盛んです。

今年もいろいろなところから、数千ドルから一万ドル以上するセミナーのインビテーションカードが届いています。内容は、マーケティング投資セルフモチベーション(いわゆる自己啓発)といったものです。

これがまた、一度でも参加してしまうと、また行きたくなるんですよね。

マーケティングでも投資でも、習い始めの頃は、面白くて何かとテクニックに走りがちですが、そのうち飽きてきます。

端から見ると同じに見えることでも、

「なぜそうするのか?」、
「なぜそうなるのか?」

が知りたくなってきます。そうすると今度は、自分のモチベーションを高めるための、自分自身の「根っこ」の部分に興味が向き始めます。

Who am I?

ってやつです。

いろいろ考えます。

I am nothing, but I am everything.

とか、いろいろです。

さらには、自分の身の周りのモノや人々、地域の環境、国々の政治や経済、地球、はたまた宇宙のことまで気になってきます、、、(笑)

あらゆることが、全て繋がっているように思えてきます。
そうすると、いろいろなことに、興味を持って取り組みたくなってくるから不思議です。

これらの一連の思考の流れ(流させ方、考えさせ方)が、たとえセミナーを主催する提供者側の思惑(顧客を生涯顧客化するための戦略)通りであったとしても、まんまとそのテに乗ってみたくなります(これってすでに中毒?!?)。

義務教育を受けている年頃の子供たちが、学校で勉強をしている時、それが自分への投資だと思ってしている人は、あまりいないかもしれません。何となく「せられている」と思っている学校での勉強も、それが自分への投資だと思って取り組んでみると、急に楽しくなります。

僕がそれに気がついたのは最近です。

学校を卒業して15年以上が経ってからです(これを読んでいるあなたが、もしも学生だったなら、あなたはとってもラッキーです!)。

勉強は投資です。

自分の時間を費やし、わざわざ努力し、時には悩み、お金まで払う。

自分を高めていくための投資だと思えば、勉強は人に言われてするものではなく、自分からすすんで学ぶものだということにも気がつきます。ワクワクします。何事にも積極的になります。しばらくすると、一瞬たりともムダにしたくないといった心構えの自分がいることに、きっとびっくりすることでしょう。

そこで得た知識を、自分のためにはもちろんのこと、他のたくさんの人たちのためにも生かすことができるのです。これは立派な投資です。

さらに、学校を卒業して社会に出て、最初にすべき投資もまた、自分への投資だと思っています。自分に投資して(学んで)いるのだと思いながら、人と接したりお金を払ったりすることができたら、10年後が全然違ってくることでしょう。あなたのために何かをアドバイスしてくれる先輩がいたら、素直に感謝できます。

その先輩は、あなたの将来を楽しみにしながら、自分の知識と経験を、あなたに投資してくれたのです。自分ができることを自分以外の人たちのために役立てようという気持ちで、自分の仕事に取り組めます。

あなたはすでに自分に投資していますので、今度はあなたができることを、誰かの役に立てる番です。投資のベクトルを自分以外に向けましょう。

最初に投資すること。
投資するものは、お金とは限りません。
知識、経験、企画、労働など、
あなたが持っている
あなたができることは、
全て投資の対象になります。

そして、
あなたの投資が誰かの役に立った時、
そこで初めて対価を得ること。

この習慣を身につけ、本当に
それが実践できるようになれば、
あなたは必ず豊かになれます。

僕がこれに気がついたのもまた最近です。
社会に出てから10年以上が経ってからです(これを読んでいるあなたが、もしも学校を卒業したばかりだったなら、あなたはとってもラッキーです!)。

自己投資の方法は人それぞれですが、まだの方は、一日も早く自分に合ったスタイルを見つけることをお勧めします。

学ぶことを愛するすべてのポジティブなあなたへ - iLoveStudy.org -